霞ヶ関駅前接骨院の本多です。

今日は、肩から首にかけてのコリに効くストレッチについてお話しさせてください。

首・肩まわりの筋肉は日々酷使している

首や肩回りの筋肉は日常生活の様々な姿勢や動きの中で、多くの負担がかかって無意識に酷使しています。

結果として生じる筋肉疲労は、筋緊張が起こり筋肉を硬くし、正常な筋肉の動きを妨げ、血行障害をもたらします。

健康な筋肉は弾力があり筋肉を形成している細胞内に水分や血液がスムーズに循環しています。しかし同じ姿勢や動きをずっと続けていたり、過労や睡眠不足が続いたりストレスがたまったりすると血行不良になり、その結果、筋肉がだんだんと硬くなってきます。

こうした筋肉のこわばりをコリといいその中でも首の周辺の筋肉に起こるものを「首コリ」肩周辺の筋肉に起こるものを「肩コリ」といいます。

その肩から首にかけてのコリに効くストレッチをご紹介します。

頭痛や肩こりに効くストレッチ

首の後ろの髪の生え際の外側に親指を当ててイタ気持ちいい程度の感覚で上方向に向かって押す。

首を横に倒すストレッチ

耳を左右交互に肩に近づける事により首回りの筋肉が伸ばされる。

首を横に向けるストレッチ

首を肩のほうにゆっくり回す事により筋肉が伸ばされる。

首を前に倒すストレッチ

胸に顎を付けるように下す事により首が回りが伸ばされる。

首を後ろに倒すストレッチ

首を後ろに倒して、あごを上に向けて見上げるようにすることで首の筋肉が伸ばされストレッチされる。

肩に効くストレッチ

腕を水平にして引き付けるストレッチ →片方の肘を直角に曲げた腕に、もう片方 の腕を水平に乗せ直角に曲げた腕をを手前の方に向けて引き付ける事により肩周辺がストレッチされる。

肩を抱え込むストレッチ

両腕で肩を抱え込み両肩の後ろ側を前に向かって引っ張ることにより肩周辺の筋肉が伸ばされる。

背後で手を組むストレッチ

背後で手を組み両腕をゆっくり上げていくことにより肩回りの筋肉が伸ばされる。

上に向けた肘を下に引っ張るストレッチ

片手を首の後ろに回し、肘を上に向け、もう片方の手で肘を下方に押す。

頭上に伸ばした両腕を交差させるストレッチ

頭上で両腕を交差させ、手を上に伸ばす事により肩回りの筋肉が伸ばされる。