こんにちは。霞ヶ関駅前接骨院です。

今回は、手がしびれる場合、考えられる症状についてお話ししたいと思います。

一言に痺れと言っても色々な症状があるのでまずはおおまかに3つの種類に分けて説明します。

(1)感覚鈍麻(麻痺)

何かを触って、冷たいや熱い、もしくは痛いなどの皮膚感覚が鈍く、もしくは全く感じなくなっている症状

(2)運動障害

上手く手足を動かせない、もしくは上手く力が入らない

(3)感覚異常

安静にしている状態で手足にジンジン、チリチリするような感じや、動いた際に痛みを感じたりする症状

この様な症状が出た場合考えられる原因は、

・脳の異常

・脊椎の異常

・末梢神経の異常

・筋肉の異常

が挙げられます。

脳の異常の場合、気をつけなければいけないのが脳梗塞で、急に症状が出て、左右片側だけの痺れで、ろれつが回らなかったり、上手く力が入らなかったりする場合、すぐに医療機関を受診してください。

脊椎の異常の場合、内科的なものだと脊髄腫瘍などですが、一般的に多いのが椎間板ヘルニアで、神経を直接的に圧迫し症状を出すものです。

腰痛も同時に引き起こす場合が多いです。

末梢神経の異常の場合、神経自体が異常をきたすものと、大元の神経ではなく、手首や足首で神経を圧迫し、症状を出すもので、手を使う仕事をする人が、腱鞘炎になりそこから手根管という神経の通り道が狭くなり、神経を圧迫し痺れを出すものがとても多いです。

神経自体の異常は、糖尿病の方で、神経の炎症を出してしまうのが一番多いです。

筋肉の異常の場合、筋肉の緊張が強く、神経の通り道を圧迫してしまい痺れを出すものや、筋力が低下し、骨格バランスが崩れ、それにより神経を圧迫し症状を出すものがある。

多いものでは、鎖骨の下で神経や血管を圧迫してしまう胸郭出口症候群や肘の部分、肘部管症候群、臀部の坐骨神経を筋肉が圧迫してしまう梨状筋症候群などが挙げられる。

ろれつが回らないなど、脳の異常の可能性があるものはすぐに総合病院の受診をしてもらいますが、それ以外で、しばらく様子を見ても症状が緩和しない場合は、お近くの医療機関にすぐ診てもらってください。