こんにちは!霞ヶ関駅前接骨院です。

今回は「産後骨盤矯正いつから効果ある?産後マッサージもいつからできる?」について書かせていただきます。

待望の赤ちゃんが誕生し、だんだん育児にも慣れて来たものの、出産を機に骨盤が開いたり、体重が戻らなかったり、腰痛や肩こり等が酷くなったりと言った悩みを持っているママさんも多いようです。

そこで今回は産後の骨盤のケアやマッサージについてご紹介します。

なぜ出産で骨盤がゆがむ?

まず、何故骨盤が開いたり歪んだりするのかと言いますと、出産に備えて妊娠中から出るリラキシンという女性ホルモン(骨盤を緩めるホルモン)の影響や、出産により産後の女性の骨盤は最も緩んだ状態になります。

又骨盤周囲の筋肉にも負担が掛かり、歪みやすい状態です。

緩んだ骨盤は産後数か月を掛けてゆっくり元に戻ろうとしますが、出産時に骨盤のバランスを崩したり、日頃の姿勢(足組み・あぐら・猫背等)によりさらに骨盤が歪み、正常な位置に戻りづらくなってしまいます。

そんな状態が続きますと体のラインも崩れ、筋力が低下して基礎代謝が落ちて体重が増えたり、更には冷え性や不妊、むくみ等の婦人科系のトラブルがおこることもあります。

そこで重要になるのが産後の骨盤矯正です。

歪んだ骨盤を正しい位置に矯正すると筋肉を正しく使え、姿勢も良くなり、腰や首肩への負担も減ります。

血行も良くなり代謝量も上がり、やせやすくなります。

産後の骨盤矯正を始めるタイミングは?

それではそんな骨盤矯正はいつから始めれば良いでしょう?

産後、骨盤周辺の靭帯は非常に柔らかくしなやかな状態である為、矯正を行うには効果の大きい時期になります。

産後6ヶ月位までが目安になります。

この時期を過ぎると骨盤周辺の靭帯や関節も硬くなっていき、効果を出すには時間が掛かってしまいます。

ただし、産後1ヶ月は子宮が急激に収縮し、内臓も元の位置に戻る変化が大きい時期であり、悪露が出たり体力が回復していない時期にあたるため、無理をすると尿漏れ・腰痛・関節痛・産後うつ病・性器下垂・更年期障害等の症状を誘発しやすくなります。

ですから産後1ヵ月は身体を休める事を優先させ、赤ちゃんと一緒にゆったりと過ごして下さい。

産後の骨盤矯正を自分で行う

ご自身でできる骨盤矯正としては骨盤ベルトやガードルの着用、骨盤体操等もお勧めですが、この場合も体調を良く考慮し体に負担をかけない様にしましょう。

産後マッサージについてですが、これもご自身の体調や育児の状況等をよく考えて行っていく必要があります。

ただし、フェイシャルマッサージや足のむくみを取るような軽めなマッサージは産後すぐでも可能な場合もあるので、赤ちゃんの定期健診時に産婦人科の先生に相談してみても良いですね。

(産院でも出産直後からマッサージを受けられるサービスを行っているところもあるようです。)

マッサージを受けに行く場合には術者とよく相談しておこなうようにし、直接腹部を圧迫したりするのは1ヵ月は控えましょう。