こんにちは!
霞ヶ関駅前接骨院の関根です。

本日は「オスグッド病とは、治療方法から日常生活で気をつけること」について書いていきます。

オスグッド病について

まず、本日のお題でもあるオスグッド病について、正式にはオスグッド・シュラッター病といいます。症状としてはひざのお皿の下の部分に痛みが出てきます。

それを放置しているとだんだんと骨が突出してきて、痛みも強くなってきます。状態によっては赤く腫れ上がってしまったり、熱を持ったりすることもあります。

10歳から15歳くらいのスポーツをしている人になりやすく、特にバスケやサッカーなどの走ったり跳んだりなどのひざの屈伸運動を多くする種目では特になりやすいです。

太ももの筋肉(大腿四頭筋)はひざのお皿を介して膝蓋靱帯という靱帯にかわり、それがひざの下(脛骨粗面)にふちゃくし、ひざを伸ばす作用をしています。

太ももの筋肉が、スポーツなどで負荷がかかり硬くなることによって伸縮性を失ってしまい、常に膝蓋靱帯が付着している脛骨粗面を引っ張り続けてしまいます。それが繰り返されることによってオスグッド病の原因となってきます。

治療法について

治療方法としては原因となってしまっているスポーツを制限する必要があります。その上で大腿四頭筋をしっかりとほぐし、靱帯が付着している部分を冷やしていきます。

そして、もし運動をする際にはテーピングやサポーターを使って、膝蓋靭帯の付着しているところへの負担を抑えていくことが大事です。

日常生活で気をつけなくてはいけないことは、太ももの筋肉を柔らかく柔軟性を保っていることが大事です。

一度オスグッド病になってしまうと、成人してからでも筋肉が骨を引っ張ってしまいやすくなり、痛みが再発してきてしまう可能性があります。

太ももの筋肉を柔らかくするためにストレッチ、運動後には必ずアイシングをしていく必要があります。

以上のことがオスグッド病の治療法と日常で気をつけることです。

当院では再発をしないために太ももえの負担が軽くなるようなテーピングや痛みをとるのに特化している電気治療があり、治癒後のストレッチやトレーニング指導も行っています。

膝に痛みを感じている方は、ぜひ当院でお待ちしています。