こんにちは!
霞ヶ関駅前接骨院の松本です。

今回は「テニス肘」についてのお話をさせていただきます。

テニス肘とは?

テニス肘の正式名称を「上腕骨外側上顆炎」といいます。この上腕骨外側上顆という場所は、肘の外側に骨の出っ張りが確認できると思いますが、その骨もしくは周囲が痛くなることをテニス肘といいます。

よくある自覚症状ですと、重いものを持つと肘が痛い。雑巾しぼりをすると肘が痛い。赤ちゃんを抱くと肘が痛い。ペットボトルのフタを開けるときに肘が痛い、などです。

そもそもなぜ「テニス肘」になるのか?というと、度重なる負担で発症する事が多いです。

テニスでは片手バックハンドが原因でなる事が多いのですが、テニスだけではなくバドミントンや卓球、料理人やデスクワーク、重い買い物をする主婦の方などもこの「テニス肘」を発症する事があります。

痛みが肘にある事から原因は肘の使い過ぎだと考えがちですが、実は手や手首の使い過ぎが原因で発症します。

 

テニス肘の予防対策

「テニス肘」でもっとも大事なのは「予防」です。まず、スポーツが原因による「テニス肘」であれば技術や筋力が低いために発症することが多く見られます。

体幹や身体全体をうまく使えてなく、手打ちになっていればそれだけで「テニス肘」になる可能性は格段に上がります。

主婦の方であれば、毎回決まった手に荷物を持っていませんか? 重い荷物を持つのであればリュックにするだけで「テニス肘」のリスクが格段に下がります。

 

テニス肘の治療について

「テニス肘」の治療法として、当院では超音波療法、電気療法などで炎症を抑えます。必要によってはテーピングや包帯固定などもし1日でも早い回復を目指します。

しかし、重度のテニス肘になってしまうと保存療法では完治しない場合があります。その場合、カテーテル治療や外科手術になってしまう場合もあります。

私の経験だと「テニス肘」は治りも遅く、また慢性化しやすいです。

できるだけ早期に治療する事が重要になるため、違和感を感じたらご自身では判断できないと思います。

お一人で悩まず、気軽に当院にご相談下さい。