こんにちは!
霞ヶ関駅前接骨院の鈴木です。

今回のテーマは「交通事故」に関してです。交通事故は悲しいことに毎日のように起きてしまっています。交通事故の外傷は長く痛みが続いてしまうことが多く、後遺症となることも少なくありません。しっかりと治療をすることと保険請求について説明していこうと思います。

交通事故に遭ってしまったら…

① 警察への連絡
事故の程度に関わらずまず110番をしましょう。

② 相手を確認
・加害者の住所、氏名、連絡先
・加害者が加入している自賠責保険、自動車保険の会社名、証明書番号
・加害車両の登録ナンバー
以上のことを確認し、メモしましょう。

③ 目撃者の確保
万が一、相手方とのトラブルになった場合に、第三者の意見は効果があるため通行人などの交通事故の目撃者がいれば、その証言をメモしましょう。また氏名や連絡先を聞いておき、必要ならば証人になってもらえるか依頼しておきましょう。

④ 保険会社へ連絡
事故の程度に関わらず保険会社へ連絡しましょう。その場で相手方と口約束してしまうとトラブルの原因になってしまう事もありますので、細かい事でも相談するのがベストです。

⑤ 自分でも記録
記憶は薄れる事があるため、できるならば事故直後の記憶が鮮明なうちに、現場の見取り図や事故の経過、写真などの記録を残しておく事も必要です。記録は賠償終了後まで残しておくと安心でしょう。

⑥ 医師の診断
その場では軽傷だと思っても、後から症状が強く出てしまったというケースも少なくありま せん。速やかに医師の診断を受けましょう。

むち打ち症の分類と症状

むちうちは、どの部分にどのような損傷をしたかによって、4つのタイプに分類され、それ ぞれのタイプで症状は違います。
(1) 頚椎捻挫型
首周りの筋肉、靭帯を損傷したもので、 首の周囲の運動制限や運動痛が主たる症状です。

(2) 神経根症型
頚椎から枝分かれした末梢神経である神経根の症状が認められるタイプのむちうちです。

頚椎捻挫型の症状に加えて、知覚障害、放散痛、反射異常、筋力低下などの神経症状がみられます。肩から指にかけてのしびれ、痛み、重だるさなどがある場合は、この神経根症型のむちうちが考えられます。

(3) バレリー・ウー症候群型
頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、視力低下、聴力低下などの症状があらわれます。

(4) 神経根症型+バレリー・ウー症候群型
神経根症型の症状に加えて、バレリー・ウー症候群型の症状もあらわれるタイプのむちうちです。

 

むち打ちの治療について

接骨院では電気治療や手技治療、温熱治療、運動治療を用いて治療ができます。飲み薬や湿布だけでは完全に治癒するケースは少ないです。どの様な事故だったのか、どういう痛みがでているのかというところから治療を行っていきます。

 

保険会社への請求について

接骨院での治療は、医師の承諾があれば治療費を請求することができます。接骨院で治療していく場合は以下のような流れになります。

  1. 医師への受診時に接骨院での治療をしたい旨を伝え承諾を得る
  2. 保険会社に接骨院に通う旨を伝える。
  3. 保険会社から接骨院に連絡がくる
  4. 治療開始
  5. 治療終了後に保険会社から慰謝料に関しての書類が届く
  6. 慰謝料に関して間違いがなければ署名をし返送する。
  7. 書類に記載された慰謝料が支払われる。

最後に・・・

交通事故での痛みは皆さんが思っている以上に治癒に長くかかってしまう場合が多いです。 早めにしっかりと治療し痛みのない生活を、当院ではお手伝い出来ますのでお気軽にご相談ください。