こんにちは!

霞ヶ関駅前接骨院の細目泰羽です。

アキレス腱というと、皆さんは聞いたことあると思います。ふくはらぎとかかとの間にある腱のことを言います。

どんな人がアキレス腱を痛めるの?

分厚くなかなか切れない腱ですが、たまにアキレス腱が切れてしまうこともあります。切れてなくても、歩くと痛いなと思ったらアキレス腱炎というのになってしまうこともあります。

アキレス腱の痛みはスポーツをやっている人に最も多い怪我です。

アキレス腱炎などは特に、陸上選手・ランニングをしている人に多く見られます。

アキレス腱断裂は、久しぶりにランニングをやった方や、ふくらはぎがパンパンな方、剣道をやってる方に多く見られます。

 

アキレス腱の痛みの原因

アキレス腱炎の原因は、使い過ぎが多いです。また、扁平足の方でもアキレス腱炎が起きてしまうことがあります。

運動することによってアキレス腱が過度に引っ張られることにより、小さなキズが入り痛みが出てきてしまいます。

痛みが出た場合は、整形外科や接骨院に来院し、診察してもらう必要があります。なぜなら、放っておくと日常生活に支障をきたす場合があるからです。

 

アキレス腱の痛みの治療について

痛みが強い時はまずは安静にします。

接骨院では、マッサージするよりも電気を流して痛みを抑えていきます。痛みが引いてきたらマッサージしたり、運動負荷を加えていきます。

また、ストレッチや筋トレ、正しいフォームの改善などもしていきます。

痛みが引いたからといって、接骨院に来なくなってしまうとまた痛くなる可能性がありますので、早いうちに治しながら、正しいフォームを身につけましょう。

 

アキレス腱断裂について

次に、アキレス腱断裂についてです。

アキレス腱断裂は、久しぶりにスポーツをする方、踏み込みやジャンプの着地の動作などの瞬間に、「ボールが当たった、かかとを蹴られた」という感覚から、歩行に支障をきたします。

基本的には、手術をするのが一般的ではありますが、手術をせずに少し時間はかかりますが保存療法で行うことは可能です。

手術後、または治ってきたらリハビリを行う必要があります。リハビリは接骨院でも整形外科でも可能です。

アキレス腱炎にしろアキレス腱断裂にしろ、使い過ぎは良くありません。使った後は、ストレッチなどをしてケアをする必要があります。

また、痛みが出た場合はなるべく早めに、接骨院にきて診察した方が治りも早くなります。

気になることがあれば是非一度足を運んでみてください