こんにちは!
霞ヶ関駅前接骨院の細目泰羽です。

矯正というとみなさんは産後の骨盤矯正を思い浮かべると思います。

たしかに、産後の骨盤矯正は大切ではありますが、産後ではなくても腰が痛い人や、膝が痛い人にも骨盤矯正が必要な場合があります。

骨盤がズレるとどんな症状?

骨盤がズレていると、腰に痛みが出たり、股関節や膝に痛みや違和感、動きが悪くなったり、そういう症状が出ることがあります。

腰が痛い方は、骨盤が左右・前後にズレが出てしまい、骨盤の上にある背骨にも同じようにズレが出てきてしまいます。

そのような状態では、筋肉が緊張してきてしまい、その筋肉に痛みが出てきてしまいます。

 

骨盤がゆがむ原因とは?

なぜ骨盤にゆがみが出てきてしまうのか。さまざまな原因が考えられますが、最も考えられる原因は、筋肉の弛緩と緊張です。

骨盤を正しい位置に保つための筋肉が弱くなってしまっていたり、その弱った筋肉を他の筋肉で補うために、その筋肉が緊張してしまいます。骨盤周りの筋肉にズレが出てきてしまい、骨盤もズレが起きていきます。

また、産後の骨盤矯正が必要な理由とは、出産することによって仙骨と腸骨が骨盤にはあります。

その2つの骨は、強靭な靭帯によって固定はされているんですが、女性は出産のためにホルモンの影響で少しだけ靭帯が緩みます。

実はそのホルモンとは、生理前にも分泌されます。その為、生理前に腰が痛くなる方は骨盤が緩くなってしまう為、支える力が弱まってしまっている為、腰痛が出やすくなります。

あとは、血流が悪くなり痛みが出ます。

具体的に、骨盤底筋や腹横筋、腸腰筋が骨盤の安定には必要になってきます。

それらの筋肉が弱まってきてしまうと、骨盤のズレを生じることになります。そこで、骨盤底筋や腹横筋、腸腰筋を鍛える必要があります。

鍛えるだけではなく、まずは骨盤を正しい位置に整えてあげて、少しずつ安定させて筋肉を鍛える必要があります。

 

ゆがんだ骨盤や筋肉に対するアプローチ

整えるのは痛みはありませんし、危なくもないです。ブロックを使って矯正もできますし、軽いストレッチで整えることもできます。

次に、筋肉を鍛えるにはまずは、自宅で出来る事として、腹式呼吸を行う事で筋肉を刺激して安定させることに役立ちます。

ただ、これだけで筋肉を鍛えることはできません。そのため、きちんと正しいトレーニングを行う必要があります。

当院には、EMSという筋トレの機械もあるので、骨盤矯正に興味がある方は是非一度来院してみてください。