こんにちは!
霞ヶ関駅前接骨院の本田美穂です。

今日は野球で起こるすスポーツ障害・外傷について書きたいと思います。

スポーツによる損傷は、使いすぎ overuse による「スポーツ障害」と、外傷性の「スポーツ外傷」に分けることができます。

「スポーツ障害」と「スポーツ外傷」の違い

スポーツ障害は、腱鞘炎や疲労骨折のように身体に過度の負担が繰り返しかかることによって、患部に炎症や微細な断裂が生じ、症状がでます。痛みなどの症状が慢性的に現れます。

スポーツ外傷は、大きな外力による骨折、脱臼、捻挫などが多いです。しかし、overuse やアライメント(正しく配置された骨の位置)不良がある場合は比較的小さな外力でもおこる場合があります。

野球で特に多いのが「野球肘」

野球で最も多いスポーツ障害は野球肘です。

野球肘とは、野球の投球動作によって肘に炎症が起こることをいいます。上腕内側上顆炎といわれています。

しかし、ゴルフやテニスのフォアハンドなどのスポーツでも発生します。

また、成長期に過剰な投球動作などによって発生する野球肘のことをリトルリーガー肘ともいいます。

治療は、まずは投球の中止が重要です。前述しましたが、スポーツ障害は使いすぎで症状が出るので、まずは休みましょう!投球動作の中止だけでなく、もちろんバッティングなども禁止です。

保存療法などをしっかりと行い、自動運動(自力で動かす運動)を行わせ、徐々にスポーツに復帰します。

痛みを我慢しながら無理をしたプレーを続けていると投球フォームの崩れや、痛みの悪化などを引き起こすこともあります。

また、あまりにも悪化してしまうと野球自体ができなくなってしまいます。しっかりと治るまでは治療は続けてください。

スポーツ外傷は、骨折、脱臼、捻挫になります。骨折、脱臼は早急に医師か柔道整復師に診てもらいましょう。捻挫は、はじめにできる処置としてはRISE処置になります。

応急時におこなう処置「RICE」とは?

  • 安静(Rest)
  • 氷で冷却(Icing)
  • 弾性包帯やテーピングで圧迫(Compression)
  • 患肢を挙上する(Elevation)

この頭文字をとってRISE処置と言います。

早期スポーツ復帰に欠かせない処置になります。RISE処置をしなかったり、不適切な処置をおこなうと復帰までに時間がかかります。

どちらもスポーツをしていると起こりうるケガになります。ケガをしないことも大切ですが、しっかりと治すことも大切です。