ぶ皆さん、こんにちは!
霞ヶ関駅前接骨院の今村です。

本日は、頭痛の種類及び症状説明と治療・セルフメンテナンスについて説明していきます。

【頭痛の種類及び症状説明】

頭痛といっても実はいろいろな種類があります。日常的によくみられるのは以下の 3 つです。

① 片頭痛

片頭痛は、ズキンズキンと痛むタイプの頭痛です。血管が拡張することでズキズキとした痛み痛みの発作が 4 時間~数日間生じます。

頭の片側に現れることが多いですが、両側が痛む事もあります。こめかみから目のあたりが発作的に痛みます。痛みが起きると、光や音の刺激で悪化したり、においに敏感になるのが特徴です。

女性ホルモンと関連があり、 20 代~ 40 代女性に起こりやすい頭痛とも言われています。

② 緊張性頭痛

頭痛の多くはこのタイプです。頭部にも筋肉があり、その筋肉が持続的に収縮する事で頭痛を起こします。

また、肩や首の筋肉の緊張でも起こります。筋肉が緊張すると、血流が悪くなり筋肉内に老廃物がたまります。その老廃物がたまった周囲の神経が刺激を受け痛みが起こります。

重苦しく頭を締めつけられるような痛みが続きます、首の筋肉には押すと痛みを感じる点があり、首が硬くて動かしづらいのが特徴です。

③ 群発頭痛

群発頭痛の特徴は、年に 1 ~ 2 回で 1 カ月位の間、毎日のようにほぼ決まった時間に、激しい痛みが片方の目の奥に繰り返し起こります。

20 ~ 30 代の男性に多く発症することも特徴です。目の奥をえぐられる様な激しい痛みを伴う事が多く、 1 ~ 2 時間続くと、自然に治ります。

痛みのある側の目が真っ赤に充血し、涙が出て、瞳孔が小さくなり、鼻水が出るなどの症状を伴います。

【治療及びセルフメンテナンス】

① 片頭痛

片頭痛の原因が血管拡張なので、冷たいタオルやアイスパックなどで痛む部分に当てましょう。そうする事で血管が収縮して痛みの緩和につながります。

逆に入浴やマッサージなどは血管を拡張させてしまうので、痛みが増すことになり逆効果になります。飲食において、チョコレート、チーズ、ヨーグルトや赤ワインなどが片頭痛を誘発するといわれるので注意しましょう。

光や音の刺激で悪化するので、静かな暗い場所で横になって休みましょう。

セルフメンテナンスとしては、ストレスも片頭痛の原因となるので、ストレスをためないような生活を心掛け、寝不足や寝過ぎをせず 、規則正しい生活をしましょう。

② 緊張型頭痛

緊張型頭痛の原因は、筋肉の緊張なので、筋肉の緊張緩和が必要です。そこでマッサージ、蒸しタオル、お風呂などで体を温めて、首、肩の筋肉の緊張を取り、血行を良くしましょう。

緊張型頭痛の原因の一つにストレスもあるので、ストレスを感じないような生活を心掛け、気分転換をしましょう。

セルフメンテナンスとしては、長時間の同じ姿勢は筋肉を緊張させ、コリを作り老廃物をためる原因となるので、長時間の同じ姿勢をしないようにしましょう。

また、寝る時の枕も重要です。高すぎる枕、柔らかい枕は首の負担が増え、筋肉を緊張させます。高すぎず、柔らかすぎない枕を選ぶことで予防につながります。

③ 群発頭痛

群発頭痛では、日常生活に支障をきたす痛みが数ヶ月続く事もあるので、そのような場合は病院で診察を受ける事をおすすめします。

セルフメンテナンスとしては、痛みの出ている期間中は、お酒を飲むと決まった時刻以外にも痛みがあらわれる場合があります。痛みが起きている期間はアルコールを控えましょう。

お風呂に入ると頭痛の激しさが増す場合があるので、シャワーですませるなどの対処をしましょう。

以上、日常でよくみられる頭痛について説明してきましたが、頭痛にはその他にも種類があります。

例えば、「クモ膜下出血」「脳出血」「脳腫瘍」なども頭痛の原因になります。更にこのような病変による頭痛はとても危険性を伴います。

危険性を感じるような頭痛では、早急に病院で診察を受けましょう。